借りちゃダメ!ヤミ金の見分け方

出資法の上限金利は年利29.2%です。
それをはるかに超えた金利で貸し付ける業者がいます。
それがあの噂の・・・ヤミ金です。

どんなにお金に困っていても、ヤミ金からだけは絶対借りないで下さい。
運営者は暴力団関係者だと言うことを忘れないで下さい。

自宅や勤務先に容赦なく押しかけてきます。
脅迫のおまけつきです(恐)。

そんなヤミ金を見分ける方法があります。

金融業を営むには、都道府県または財務局の登録認可が必要になります。
登録認可を受けた業者には登録番号が割当てられます。

「○○県知事(1)000****号」
「○○財務局長(1)00****号」

○○の中は都道府県・財務局の管轄により変わります。

()の数字は営業年数を示しています。現在は(8)が一番古いようです。
この番号は3年ごとに再登録をしなければなりません。

ヤミ金は都合上すぐに閉鎖してしまうのがほとんどですので、
3年以上営業はなかなかしません。

()が(1)の業者の大半はヤミ金の可能性があります。
しかし、参入したばかりの大手の会社も(1)ですので
一概には言えませんが。

たとえば、イコール・クレジットは大手のソフトバンク・インベストメントグループです。
参入したばかりなので、()の番号もあたらしく
東京都知事(1)第28634号です。
(1)ですが、ここは安心です。

もうひとつ大きな見分け方のひとつに
「貸金業協会という団体の会員になっているか」
というのもあります。

先ほどのイコール・クレジットでは
東京都貸金業協会会員(No.05934)です。

貸金業協会は各都道府県毎にあります。
ここに登録している業者であればほとんど大丈夫だと思います。


・大手でもないのに極端な低金利(1〜10%以下など)
大手でもない無名の業者がひと桁の金利で営業できるわけないですよね。

・「無条件で100%融資します」
「他社借入れ件数は関係ありません」などの誇大広告をしている
このような広告表現は、
貸金業協会の広告自主規制のガイドラインの禁止事項です。

・審査がない(5分、10分など)
スピード審査はものすごくお金がかかるようです。
大手でないと難しいようです。

・連絡先が090や080からはじまる電話番号
地に足ついていません。
いつでも逃げられる準備ができてます。

上記に当てはまるところは避けたほうが無難です。
くれぐれも、うまい話には気をつけてください。


| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。